お見合いの断り方

お見合いの上手な断り方

お見合いをするのはいいけれど、自分が相手との交際を望まない場合に、
お断りの返事をするのって、とても億劫ですよね。

どのような断り方が相手を傷つけずに、失礼がないのか。
誰もが悩む『お見合いの上手な断り方』のポイントをここで紹介していきたいと思います。

 

【1】 変にごまかさずにハッキリと伝えること

相手に期待を持たせるような断り方は良くありません。
「私にはもったいない」なんていうと、「そんなことない」と否定され断れなくなる可能性があります。
例えば、「忙しい方だから、一緒に過ごす時間を大切にしている自分とは合わないと思いました」のように
理由を合わせて伝えましょう。

 

【2】 会った時に感じたことを理由にすること

プロフィールなどで予め分かっていたことを理由にするのはNG。
また人格や容姿を否定するのもNGです。
例えば話した内容について「考え方や価値観が私とは合わない気がした」など具体的に示すのがベター。
難しければ「話が合わない」や「フィーリングが合わない」などの理由でも良いです。
「何となく」などの曖昧な表現は避けましょう。

 

【3】 断るタイミングを引き延ばさないこと

相手と付き合うことが難しいと思ったら、日にちを空けずに断りましょう。
自分自身にとってもそうですが、相手にとっても貴重な時間を無駄にしてしまうことになります。

 

 

結婚情報サービスなどの場合は、何人も平行して交際していることが当たり前の状況ですから、
断られることはそんなに特別なことではありません。

あまり気にしすぎず、相手に失礼な言い方でないかどうかだけ気を付けて断れば大丈夫です。
断ること、断られることを気にしていると、婚活自体がツライものになってしまいます。

ある程度割り切ってお見合いに望むことも、婚活を続けていく上では必要ですよ!


 

 

 

[e-お見合い] メニュー


・安心、安全のお見合いシステム
・お見合いまでのプロセス
・正式なお見合いが無料?!
・お見合いの上手な断り方

Link

婚カツパーティー 婚活 エクシオ 婚活パーティー 東京 婚活パーティー 名古屋 お見合い 結婚 結婚情報サービス ランキング ブライダルネット キャンペーン ツヴァイ 料金 サンマリエ 料金 ツヴァイ 料金 結婚相談所 ツヴァイ